介護付有料老人ホームで働く職員の中には様々な国家資格を有する専門的な職員が常勤しています。
施設によって雇用形態はもちろん異なりますが、介護士や看護士だけでなく、栄養士や介護支援専門員(ケアマネージャー)、リハビリテーションスタッフ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士)など様々な医療・福祉スタッフが連携して、入所されている方々の日常生活の介護・支援を行っています。
介護士の業務について、簡単に説明させて頂きます。

あなたの期待に応えるAll About情報をお届けします。

介護士の業務としては、職種の名前の通りに「介護」を専門的に行ってくれる医療スタッフです。

介護付有料老人ホームに入所されている方々には日常生活を送るうえで、全般的に介護が必要な方がいらっしゃいます。


食事が一人で食べられない方や歯磨き、洗顔、髭剃りや髪をとかす、トイレへ行く、お風呂に入る、着替えをする、など日常生活を送る上で必要な動作はたくさんあります。
また、日常生活の介護だけでなく、入所されている方々の部屋の掃除やベッドの掃除、トイレの掃除等、入所されている方々の介護だけでなく、生活している空間そのものの支援も行ってくれます。

人には聞けない珍しい介護付き有料老人ホーム情報を簡単に請求できます。

また、介護士の業務のひとつとして、夜勤も挙げられます。

夜間のトイレの介助、眠れなくて不安になってしまう方に対して安心して就寝できるよう寄り添う、翌日の朝の準備などの業務を行います。


どの介護付有料老人ホームでも、介護士の方が一番多く勤務されています。


それは入所されている方々に必要な介護サービスを、そして十分満足して頂ける介護サービスを提供するには、一番必要な職種だからと言われています。